とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

TOEIC300点からの公式問題集は挫折の元

私自身TOEIC300点台から開始しました。

TOEIC勉強の王道といえば、

 ・公式問題集

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

 

を買う人が多いのではないでしょうか?

過去私もTOEICの勉強をしようと思ったときに、

公式問題集を買って、勉強し、迷子になりました。

今回は迷子になってしまう理由をまとめておこうと思います。

過去の私に向けてね。

過去の私の定義

 ・センターで英語やった、院試も英語やった。

 ・会社では7年英語は触れてすらない

 ・単語も英語もほとんど忘れたが、昔はできたイメージがある

 ・ガチで受けたTOEICは300

 わからないという現実を受け入れること

TOEIC300点台というのは、全体の正答率は3割。

自信をもって回答できたものは少ないと思います。

そんな状態で、公式問題集のリスニングやリーディングをやるとどうなるか

  1. 何ができる、できないか把握できない
  2. 解説を読んで、理解したつもりになる
  3. 次のできるイメージがないので、目標が立てられない

という状態に陥ります。

学校や塾がない状態でのTOEIC勉強は

 ・自分で目標を立てる

 ・自分で今のレベルを把握する

 ・自分で次の目標を補正する

といったことが重要なのですが、

自分の実力が把握することができない。

だから自分に合ったレベルの勉強計画ができない。

せっかく勉強をしても、教材が難しすぎるとまったく効果がでない。

だから挫折するというわけです。

公式問題集は300点台にとって難しすぎるのです。

 何から始めるか

まず基礎でしょ。

リーディングもリスニングもまず問題を解くのではなく、

どんな文章、会話が使われているのか世界観にひたりつつ、

リスニングなら「音を聞く、発する」ことから向き合うこと

リーディングなら「品詞分解、英文解釈、単語」に向き合うこと

が重要です。
タイムマネジメントとかTOEICテクとかまずはやらなくてよい。
基礎を固めるが真っ先にやるべきこと。

今なら西沢ロイ先生の根本解決シリーズが基礎固めという意味では取り組み安いのでお勧めです。 

イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART5

イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART5

 
イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART1&2

イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART1&2

 

どうしても問題集がやりたいという方は、解説が充実している

精選模試をやるほうがよいです。解説もしっかり書かれています。

(問題自体は難しいです)

 

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

 
TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

 

 

 まとめ

300点台にとって公式問題集は

 ・迷子になる

ので個人的には挫折の元という考えです。

勉強やり方、何から始めればよいのかといったあたりが

書かれている根本対策シリーズからスタートして、

まず基礎を作るというのが長いTOEICにおいて重要なことです。

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}