とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

【海外シリーズ】中国へきたぞ~

現在チャイナに来ています。この移動中に読んだチャイナ事情をまとめようとおもってます。 自己紹介 3年ぶりの中国どうよ? チャイナって何が熱いの? まとめ 自己紹介 このブログでチャイナの話をするのは初めてなので、関係を記載しておきます。中国へは何…

スタディサプリパーソナルコーチプラン7日後に受けたTOEIC結果

10月1日からスタディサプリTOEICコースパーソナルコーチプランを開始しました。 本日は10月7日に受けたIP試験が返却されたので、まず現状を認識したいと思っています。 私の普段の英語とのかかわりあい 開始時のスコア スタディサプリパーソナルコーチ…

リーディングスキルテストを受けてみた

読解力をアップさせるためには、今自身の読解力がどうなのか?を見る必要があります。 その手段として、リーディングスキルテストがあるのです。 今回「AIに負けない子供に育てる」という本にあったサンプルを解いてみました。 AIに負けない子どもを育てる …

今月の読書ふりかえり

9月も終わりました。最近読書に力入れてますよってことで、何冊読んだかふりかえってみます。 ハッタリの流儀 www.monokuma12.com AIに負けない子どもを育てる www.monokuma12.com 必ず食える1%の人になる方法 www.monokuma12.com 新・魔法のコンパス 書…

ALex問題がさっぱりわかなかった件

Alex問題とは以下の問題です Alexは男性にも女性にも使われる名前で、女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある。 【問】 Alexandraの愛称は( )である。 選択肢 A.Alex B.Alexander C.男性 D.女性 【答】 A.Alex 私は…

ハッタリの流儀を使いこなして一歩先にいこう

ハッタリの流儀を読みました。 この本を読んで伝えたいことは 自分にできないことを周りに宣言しよう 今までの当たり前は捨て去ろう ということを伝えたい本だなと感じました。 内容としては濃いかというと薄めです。できないに対して踏み出せない人が読むと…

必ず食える1%の人を読んで、人生に迷いがなくなった

私は組み込み系のエンジニアとして会社勤務しています。 わたしの現在の目標は会社の収入に頼らない生き方をすることです。 そんな考えを持っていた際に面白い本に出会いました。 それは 「必ず食える1%の人になる方法」です 藤原和博の必ず食える1%の人に…

うつ病と漢方の効果

このブログはうつ病診断された私が、いろんな実験を経て乗り越えようとする試みを記事にしています。現状病気中ですが、なおすために身体が動く限り何かやりまっせ ということで、うつ病と診断されて以降怪しい漢方を飲み始めました。 この漢方ストレスを感…

うつ病に苦しんだ時に元気をキングコングからもらった

正直最近何もする気がありません。1日中寝ていたいが正直なところ。 そんな状況の私が最近元気をもらっているのが、キングコングという芸人です。 キングコングは、西野亮廣さんと梶原雄太さんのコンビです。 新魔法のキャンパスでは1%の技術を身に着ける…

国語力こそ基本的な力となる理由

今回国語について社会人だからこそ向き合うべきという目的の記事を書こうと思います。 ずばり、国語がなぜ重要なのかは2点あります コミュニケーションをするうえで基礎的な力になるから 毎日メールを送る、受けるに1日の半分は使っているから それぞれ コ…

人生初の心療内科に行ってきた

心療内科ではどんなことを聞かれどんな雰囲気なのかあたりを書いておこうと思います。 ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書) 作者: 岡田尊司 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2013/05/30 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件)…

精神的にずたぼろになってから感じたほしいもの

今年の欲しいものを物色中です 今年は活動力計を買おうと思います。 自身のストレス、睡眠、心拍数をみえるようにして 自分の健康をもう少し良くしようと思っています。 FITBITを買って、自分の体調見えるかを試みます Fitbit InspireHR フィットネストラッ…

国語力と向き合うために、国語力を調べてみた

今回は国語力について本を読みました 私自身国語は小学校から高校までずっと1 センター試験は現代文2点でした そんな私は最近国語力の重要性をビジネスの世界で痛感したので 学びなおそうと思ったというのがこの本を読んだ動機です。 この本を読んで学んだ…

一歩先の思考に気づくことができる本それは「3D思考」

3D思考という書籍を読みました。 今年会社で受けた教育が3D思考ができるようになるためのものだということがわかったので、この本を読んで得られること、その後のできるようになると何が変わるかをまとめておこうと思います 3D思考 作者: 泉本行志 出版社/メ…

キャリアの悩みがあったので転職の本を読んでみた

先日まこなり社長のyoutubeを見ました。 そこで、転職の思考法という本を読んだ気づきを書きたいと思います www.youtube.com このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法 作者: 北野唯我 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: …

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}