Take Blog 2.0

英語学習、ダイエット、書評に関して発信するブログです

鬼滅の刃はどこがおもしろいのか?

今年に入ってコミックコーナーで見かけるのは

鬼滅の刃がどこもかしこも売り切れ。

何がそんなに面白いのかさっぱりわからず。

そして、youtube大学で紹介され少し興味が出たのでアニメ版だけ見ています。

youtu.be

半分くらい見終わり、おっさん視点で鬼滅の刃の魅力を解説したいと思います

味方と敵の設定という切り口だけで書いてみます。

 味方の設定(主人公と同期)

ここでの魅力はまさに聖闘士星矢

主人公は鬼にされた妹守りながら、鬼殺隊に入り、鬼と戦うことになります

そして、どのキャラも強み、弱みがあるのですが、ここでのポイントは、同期も強いよっていう設定がジャンプならではかなと思います。

シルバーセイントやゴールドセイントなどの兄弟子や師匠が存在するため、成長しながら、敵を倒す設定というのがくすぐるポイントをついていますね。

 敵の設定

鬼を倒す物語なので、ボスは鬼を作れるもの。そして、その手下は血を濃く受け継ぐものが強いという設定です。

この設定は、JOJOの第1章DUOとジョースターとの戦いにそっくりです。

上位鬼として、十二鬼月という設定で、物語を盛り上げています。

ジャンプ的な展開だとあれですよ

  • 強い強すぎる
  • 普通のやつとは違う〇〇だからな!
  • なにぃ!

というお約束な展開。王道パターンをずらさないところがまたよい。
まだみれてませんが、お約束の王道は

  • あいつはわれわれ〇〇の中では最弱だ 

敵の設定の王道を通しているため、みていて面白いですね

まとめ

鬼滅の刃は何が面白いのだろう。

それは、子供のころに見ていた熱い漫画の流れが、うまく

今風に表現されているところ

といった表現が良いかなと思いっています。

アニメ編は全部終わらないようなので、我慢できなければコミックを買おうかなと思っています。

とりあえず、見てない人は見ておいて損はない

というアニメなのは間違いない

 

 

 

 

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}