Take's Software Engineer Blog

とあるメーカーソフトウェアエンジニアに聞きたいことを発信していきます。

つらいつらいとある大学院大学(Jaist)の何が辛かったか

f:id:monokuma12:20180411051729p:plain

Jaistに進学してよかったこと
  • 文系からエンジニアになれた
  • 娯楽なき場所で2年研究と勉強に集中できた
  • かけがえのない仲間と出会えたこと

文系から理系に変われる夢のような大学院があることはご存じでしょうか?

エンジニアになって一発稼ごうと思ったけど、文系だしどうしよって思っている方が多いと思います。

そんな私は、文系の大学からJaistという大学院に進学し、無事にメーカーに就職し、現在ソフトウェアエンジニアをやっています。

この記事ではJ文系から進んだjaistの何がきつかったかを解説する記事となります。

この記事を読むことで、文系の人がJaistで進学し、一人でも多くエンジニアになることを応援しています。

文系から理系の大学院は奇跡と呼んでもよいくらい希少なのです。

Tec系の専門学校いくくらいなら、大学院目指そうぜ!

エンジニアになるための近道は別記事で書いています。

www.monokuma12.com

 

つらいつらいとある大学院大学Jaist)の何が辛かったか

f:id:monokuma12:20180408074739p:plain

Jaistの何がつらいのか?
  • 成績配属ガチャですべてが決まる
  • 半径7km以内にコンビニなし、近場にクマあり
  • 就活できない

 入学後すぐに配属のために必死に勉強すること

f:id:monokuma12:20181120042028p:plain

Jaistで大事なもの
  • お金:バイトする時間があるなら勉強しろ
  • 友人:レポート、試験は情報戦だ。友人を作れ
  • 体力:勉強できる体力は大事。週7日がむちゃらに勉強しろ

結論Jasitできついのは最初の3か月の研究室配属までである。

なぜなら、単位を取得しつつ高得点を取る必要がある。

文系から進学した者は、高得点をとることがほぼ無理げーなのである。

そのため、衣食住十分にできるお金、レポートの答え合わせができる情報網を持った友人、土日、徹夜できる強靭な体力が求められる。

半径7km以内にコンビニなし、近場にクマあり

f:id:monokuma12:20200113161521p:plain

Jaistの娯楽
  • コンビニ:近場のコンビニは7キロ。
  • 駐車場:熊出現&冬は雪で前に進めず
  • 酒:うまい

結論Jasitの娯楽は酒である。

そのほかに娯楽と呼べるものはない。酒を飲んで、酒が抜けたら勉強だ。研究だ。必死になれ。

30,40分車で走ればラウンド1はあるので、たまには発散できるが、やはり遠い。

どうしても運動したいのであれば敷地内のジムで筋トレをすべし。

就活できない

f:id:monokuma12:20180609070648p:plain

Jaistの娯楽
  • 研究で留年するは当たり前
  • M1の最後にある研究計画書で〇割りは留年する

結論Jasitの就活は厳しい

なぜなら、時間がないからだ。就活をして研究をさぼったら待っているのは留年である。就活するより研究で結果を出すのだ。

さぼると平気で1年余計に学生をすることになるだろう

 

まとめ

Jaistという大学院知られていないし、社内にもほとんどいませんが、私が経験した2年間はかなり貴重な体験であるということは、10年以上たった今でも思うわけです。

そして、社会で生き抜くための力を養えるところでもあります。

コンビニまで大学から7キロ。雪によってライフラインたたれるとかそんな経験できるのもあそこならではかなと思いますよ。

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}