とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

辛い状態に陥った自分に向けた言葉

辛い時期に陥ったときにどうすればよいか、自分のために書いてます。

 

限界をどう認識する?

今限界ですか?まだまだ限界じゃないと思ってるでしょう

でも、空回りしている現状を辛いとは思ってるはず。


まず大事なことは、自分の限界は自分では把握できないよ。

どんなに追い込んでも、限界なんてわからないからね。
限界は自分で決めるものだとしたら、主観だから。
何日も寝ないで、食べないでやり続けても、やれたら限界じゃないでしょ。
今までそんなこと何度もやってるから、限界なんて知らないでしょ。

だから、客観的な変化に目を向けてみようよ。

こんな状況起きてない?
 ・記憶力が著しく低下している
 ・意味もなく涙が出る
 ・言葉が出ない
 ・言葉の意味がわからない

そんな症状が出たとき、一度立ち止まり休んでね。

もし休めないのであれば、

時間的な頑張るではなく、短時間集中して処理する。

時間的には頑張らない。生きることを優先してほしい。

集中するがわからなくなれば0秒思考をやってみるとよい。

10分だけ集中を体感してみようよ

悩みをだれに相談する?

それでももがいて苦しむようなら、人に相談しよう

相手は、昔の自分をよく知る人がよい。今との変化に気づけるかもしれない。

例えば、信頼できる親友に悩みを打ちあけてみよう。

一緒に苦労を共にした親友なら性格をわかってくれるはず。

だから、古い親友とは定期的に会って話したり、関係性を終わらせないようにしよう。

 

会社の信頼できる先輩に話を聞いてもらうのもありかもしれない。

吐き出すことで何かかわるかもしれない。

 

最後に何する? 

もし明後日命がなくなると考えたとき、もし今の壁と向き合えるなら

本気になってやってみてはどうだろうか?

 

本気って何だろう?って思ってるでしょ。

本気はね。

明確なビジョン、明確な目標、明確な目的、明確な計画があり、

行動ができている状態。それが本気。

この項目のうち欠けているのであれば、本気じゃないと周りは思っている。

だからあなたに、頑張れと鼓舞しているんだよ

一度本気でぶつかってみたら周りが少しかわるかもしれない。

本気になってみて、そこから何か気づけるかもしれない。

 

今回初めて本気になるのかもしれない。恐れず本気で一度だけやってみようよ。

松岡修造の本にもあるように原点を見つめなおして、

1か月先のスケジュールを立ててみようよ。

生きる技術をみがく70のヒント 本気になればすべてが変わる (文春文庫)

生きる技術をみがく70のヒント 本気になればすべてが変わる (文春文庫)

 

 

最後に

何もかもうまくいかなくなり、誰からも必要とされないと感じてるかもしれない。

でも、生きることが一番重要だよ。どんなにつらい状態になろうとも、

人生を放棄するようなことだけはしないで。

悲しむ人は周り多くいる。あなたは一人じゃない。

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}