とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

挫折したことで気づいた大事なこと

現在挫折の渦中にいます。笑いごとっぽく感じるかもしれませんが、

生きてて楽しくなくなるくらいまで落ちたのはあるので、この致命的ダメージからどう回復するか、そのままダメになるかは大事な時期。

 

挫折して、何に気づいたのかを一部だけ書こうかと思います。

どんなにダメな人間でも一応毎日生きてるよ程度にみてくれるとよいかもしれません。

短所の塊

計画できない、行動できない、

やろうしたこと忘れるといった致命的な状態が最近浮き彫りになりました。

ではそれぞれ何が根本的な問題かはわかっていません。

 

計画できないのはなぜだろうか?

そもそも計画が何もかわかっていないし、計画をたてて物事を進めることを

知らない。毎日頑張って生きることがモットー。

行動できないのはなぜだろうか?

やりたいこと、決めたことがない。

普段読書量のおかげで、アイディアはいろいろ出るのですが、

行動する気のないゆるっとしたときに出るアイディアなので、

集中すると思い出せないのですよ。それに最近気づいた

そうやることを決めれる力はあるかもしれないが、きめないから前に進めない。

 

やろうしたことを忘れるについては、なぜ忘れるのだろうか?

他の案件がきになり気づいたら忘れてしまう。

そもそもやるといった内容をおぼ会えていない

などがある。

 

書けば書くほどダメ人間や。

挫折の元

挫折の元は上に書いた短所を毎日のように指摘を受け、

毎日のように改善を繰り返し、空回りし

一向に何も変化しないことに対して、自分自身に疲れた

というのが最後かな。

やり方だけはたくさん変化させたのだが、本質が変わらなかったのが問題だった。

どう克服するか

それぞれ致命的で難しいことだとは思うが、問題、課題を分解して一つに絞り

克服するのは手段としてありかなと思っている。

アイディアはきっと出るがこれを自分で決めてやりきるというのを体感したほうが良いかもしれない。

最後に

精神が壊れてくると、何が起こるかは以前のブログで紹介しましたが、

寝不足やストレス環境下になると思い出せなくなることが

致命的にまずいこと。

そして、

睡眠不足からくるアルツハイマーにもおびえる日々なのでございます。

 

睡眠を多くとることは非常に大事。

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}