とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

海外に生活してわかるネイティブキャンプの使い方

実際に海外にきて、英語で物事を伝える際にとても苦労している。

それを克服するためにはやっぱ時間だよねってことで、

海外にきて、今の生活スタイルに合わせた使い方紹介します

 

1日のスケジュール

平日は、8時から~17時の出勤時間です。これが終わるとおしまい。

土日はほぼフリー。

私の性格上インドアなので、洗濯と食事以外は特にやることがありません。

そこで何やるか!

英語でしょ

となったわけ。出張前にネイティブキャンプをこつこつやっていたのですが、

最後忙しくなりできずじまいだったので、今回また再開してみました。

ネイティブキャンプの良いところは何でしょう?

そう

1日何回でも使えることです。

そして現地にきて、よくあったのが自己紹介をする機会がとにかく多いです。

あいさつ回りってやつですね。

これを何度もネイティブキャンプで練習しておくと、一歩好印象を持たれるよって話。

今何をしているか

日常英会話初級コースを上から受けまくっています。

日本と時差があるので、ネイティブキャンプ側の暇な時間にもあうことができて、結構よいですね。

先生は日本時間のように接するので、俺今ドイツ時間だよって伝えると少し話が膨らみます。

今後

平日も2コマ、4コマと受けていくつもりですが、この3か月の間で365レッスンくらい受けられるとすごいかもしれませんね。

90 x 4 = 360

300超えれるように毎日がんばるぞ。

 毎日何回でも受けられるって幸せだなぁと思います。 

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}