とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

ネイティブキャンプをやり気づいたこと

ネイティブキャンプの通常講義を一度受けてみました

DMM英会話と比較すると何が異なるかあたりのことを記載したいなと思っています

 

 予約という概念

ネイティブキャンプの予約は、コイン制になっているので、ほぼ使いません

今やるか、やらなかの2択です。

ひたすらやり続けるのもありともいえます。

今いる先生を選択し、開始ポチでできるこの軽さ。

でも目当ての先生がいる場合はそうとはならないのでご注意。

 ネイティブキャンプと教材

ネイティブキャンプはSkypeによる接続ではありません。

ブラウザ内に教育コンテンツを含んだ形で、直接通信可能な状態にしています。

従って、25分なら25分でブツッと切れてしまうのですよ。

5分前になるとこれから復習タイムとか通知がきたりといろいろと親切です。

教材はこのように、親切な解説付きなので、難しい?って感じることはなく楽しく前に進めると思います。

実際に自己紹介がテーマな時もテンプレートに従って前に進むので

安心感しかないですね。

f:id:monokuma12:20190215031825p:plain

 まとめ

本日ネイティブキャンプをやって気づいた点をシェアしました

  • 予約という概念がDMMとは違う
  • 教材一体型なので、勉強に集中できるように作られている

がDMM+Skypeの組み合わせだとない概念と思います。

正直楽しいのでネイティブキャンプ押しになりつつありますが、自分に合ったオンライン英会話を吟味して決めるというよりかは、直感で楽しいものにしておくのが

ある意味良いのかなと思います。

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}