とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

TOEICSWを受けた本当の理由(海外出張編序章)

どーも。先日TOEICSWを受験してきました。

今回はなぜ受験したかというところを記事にしたいと思います。

何がかわったか?

簡単に言うと4月から環境が変わるからです。

私4月から海外に3か月出張することが決まりました。

このイベントはこれまで50人くらい行っているのですが、

今回私は良い経験を積むという経験学習を学んだことにより

マインドが変わり、ぜひ良い経験を得たいと思い11月頃手を挙げてみました。

そうしたら、すぐに決まり4月から行くことになったのです。

このイベントを通してやりたいこと

私はあくまでもTOEICは好きなんですよ。

あの試験素晴らしいと思っているし、

英語の基礎という面であれだけよい試験はないと思っています

そして、TOEICに対して真剣に頑張っている人とたくさん知り合うことができた

それは非常に価値のあることだと思っています。

なので、否定されるとイラッとします。 

今回海外に行くということで、今まで言った人たちがTOEICを小ばかにしていたので、

そこにメスを入れることが、私のやりたいことなのです。

ちなみにあったことはこんなこと

 ・行く前にTOEIC LR受けて500点だった

 ・3か月後TOEIC LR受けて400点だった
とか
 ・TOEIC600点超えた!いえーい
とかあるわけですよ。

あげくに、TOEIC700くらいまではテクでいけるから、点数あっても喋れないとか。

もうね。

何もわかっていない

英語の文章を読んで、相手の話している内容を聞くので、多少上がるとは思うけど、

根本的にSpeaking力=英語力の世界観ぶっ壊したい。

ってことで、私TOEICSW受けたし、IPでLRも受けました。

まとめ

怒り記事になっていますが、

 英語しか使えない環境で3か月暮らし、
 準備のために英語で資料をたくさんアウトプットし、

 帰ってきてからもたくさん英語でフォローしたり、

メール書いたりする中で、どれだけTOEIC LRSWが上がるかを

計測してやるというのが趣旨ですよ。

今年はTOEICで4大技能のスコア推移をみせていきまっせ。

 

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}