とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

英語多読を無料でやりたいときに使えるNewselaの多読のやり方

こんにちわ。

今日は多読やりたいけど、使い方がさっぱりわからんという方に、毎日多読できる!の状態にするために、Newselaの良い使い方を紹介します。

私は半年ほど多読チャレンジで毎日newselaを使用していました。

www.monokuma12.com

多読のやり方

1つのネタを5回読む手法です。

 1回目:普通に読む

 2回目:意味の分からないところを調べながら精読する(15分程度)

 3回目:速読1回目

 4回目:速読2回目

 5回目:速読3回目
  ・問題解く

 6回目:翌日読みなおし

ここでのポイントは、ワード数とストップウォッチによる計測です。
できる限り25分で5回目の速読まで到達するとよいです(1ポモドーロ)

f:id:monokuma12:20190102042953p:plain

ワード数はNewselaのテーマのword countを参照してください

f:id:monokuma12:20190102043229p:plain

エクセルの計算シートは下記の本の付録にあるので、興味あればご購入ください

学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング

学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング

 

 

まとめ

今日はnewselaを使用した多読のやり方を紹介しました。

毎日1記事やっていると、自分の癖に気づけますよ。多読は一人でやると孤独なので、この記事見て始めましたという方がいたら、Twitterで絡んでくれるとうれしいです。

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}