とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

残業と定時で帰るの越境とはどこにあるのか

自分の仕事をしていれば、定時で帰れます

残業は無能の象徴ってよく言われますが、

定時帰りも、深夜帰りも経験している自分から見たときに

ずれを感じています。過去残業ありえねって言っている自分に向けて、なぜ残業しているのかの理由の一つを書いておこう。

他人のためにがんばるという概念をしる

私も個人の仕事をしているときは、自分の仕事だけをやる。

それ以外のことは関わらないようにしていました。

そのため17時には帰ってました。

今は残業尽くしなのですが、どうなっているかというと、自分の仕事は一番最後。

チーム、グループにとって重要な仕事を片付けてから、

ようやく個人の仕事をやっています。

ほとんどの時間を他者のために使い、

自分は最後になるというお母さん的発想な仕事の仕方をしていると、

残業過多な状態になります。

いろんな案件、いろんな人と関わるのでどんどん成長も加速していき、

どんどん巻き込まれやすくなるという残業過多ループに陥るという悪い面もあります。

まとめ

優秀な部下、後輩がいて、丸投げできるのであれば、定時でもさっと帰ることが可能なのかもしれません

あえてみんなの成長を促すために、何も手を付けず帰るというのもありなのかなと思ったりしています。

今の私には優秀な手コマも普通の手ごまもいないので、

悩ましい状態で毎日過ごしています。

どうやったら何もやらず済むか。

作業をどうやったらなくせるかみたいなことを常に考えている状態で、

世の中の便利な手法や概念を知っておきたいので、勉強もかかせません。

そろそろ身体がおかしくなりそうっていうのをすごく心配して日々過ごしております。

 

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}