とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

JaSST Tokai参加 その2見える化

今日はその2。

見える化っていいよね

www.slideshare.net

見える化の目的

f:id:monokuma12:20181211031838p:plain

野球のスコアボードの例えに出されていましたが、

 ・いつだれが見ても同じ状況を思いつく

ということで、こんなにいいボードはないと気付かされました。

チームやグループのメンバーが同じものを見るからこそ、助け合いやお互いの状況を客観的に認知することができるのだと理解した。

一番重要なのは問題対私たちの構図に持っていくこと

f:id:monokuma12:20181211032258p:plain

まとめ

かんばんを一つ例にとっても、自分の職場とはかなり違います。アンチパターンがかなり多いのかもしれないなと気づきました。

会議削減するためのコツとしては、共通のかんばんでグループが語れるかに尽きるかなと思いました。

どう進めていこうか悩むところではあるが、アジャイルの知識が増えたので、自分自身もっと勉強してかわるぞ、ってのは思った。

 

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}