とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

子供と中京競馬場に行って、G1を見てきたときに気づいたこと

中京競馬場でG1があったので、馬を見るという目的で息子と遊びに行ってきました。

開催日と非開催日の違いについて、まとめておく

 費用

開催日のときは、入場料200円がかかります。

駐車場のお値段も500円から1000円にあがっています。

中に入っている食事処は値段変化ないので、基本的に

入場料と駐車場代が増えると考えておいたほうが良いです。

ビギナーも安心の馬券の買い方など無料講座があったり、

教えてくれる場所があったりと安心ですね。

 馬場内遊園地

馬場内遊園地は開催日だろうとも入ることが可能です。

遊具は県内の公園と比べてもトップレベルの設備なので、

子供も一度遊んでしまえば、大満足だと思います。

コースの内側から馬を見ることも可能。熱狂的な声が聞こえてくるのは

なかなかすごいですよ。あとムチのピチピチ音も聞こえてきます。


f:id:monokuma12:20181203031236j:image

 

 家族連れ

開催日、非開催日関係なく、
馬場内遊園地には家族連れも非常に多いです。

ピクニック気分で行っているのでしょう。ある程度父親、母親が競馬に理解があってきているなぁと感じる部分もあります。(かけていたりするので)

ギャンブルにつきもののタバコですが、喫煙室は隔離されているので、

ほとんどタバコの匂いは感じません。

もちろん建物の中は新しいトイレ、冷暖房完備と快適です。

 食事

普段の10倍程度お客さんが入っているので、各店舗パンク気味です。

できれば、お弁当持参したほうが快適なお昼が過ごせるでしょう。

中にモス、吉野家、銀だこなどの店も入っているので、待てば買えます。

まとめ

開催日になると入場料、駐車場の値段変化があることと

そもそもお客さんが5倍、10倍と増えますが、

中京競馬場前には特急も止まる状態になるので、さほど苦になりません。

ただ事前にイベントを確認してから行くとよりよい休日がすごせることでしょう。

芝生に癒されたいなら一度は行ってもよいかなと思います。
f:id:monokuma12:20181203031258j:image

 

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}