とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

PDCAを回すという観点で必勝ダブル模試のすごさに気づいた。

本日は、英語学習継続の肝はPDCAをまわすことにある

と思ったので記事にまとめたいと思います。

案外PDCA廻すことができないのではないでしょうか?

 PDCAとは

PDCAの定義は以下。

PDCAサイクルPDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する

f:id:monokuma12:20181125034743p:plain

英語学習に置き換えると、計画を立てて、勉強をして、ふりかえって次の目標を決めるといった一連の流れを指します。

 PDCAが難しいと思う理由

PDCAって社会人の基礎的に扱われ雑魚扱いされてますが、

私は回すことは難しいと思っています。

それはなぜか。

P(計画)とC(チェック)をうまく設計しないと、

次のアクションが的を得ていないものになる可能性になるからです。

勉強の計画やチェック方法って学生で身に着けているので

気づけない人は多いのかなと感じています。

PDCAをアシストしている教材

PDCAのPとCをガチガチに決めてくれる教材はトミプロだったりします。

TOEIC L&Rテスト必勝ダブル模試

TOEIC L&Rテスト必勝ダブル模試

 

 ここで決めてくれることは

  • 14日間毎日やるべきこと、確認すべきことが定義されている

ので基本的に読者はPとCは決められているので、

ある程度Aがぶれずに進むことが期待されます。

トミプロに参加するとは大里さん本人がより濃ゆいCをすることで

より回るようになるという仕組みですね。
このあたり大里さんが理系だなと感じる部分でもあります。

PもCもようわからんって人にはこの教材ベストマッチするわけ。

まとめ

本日のまとめは、

英語学習において、勉強の習慣化が重要とこれまで話していましたが、

成功体験を得るためには、PDCAサイクルを回してあげるということも重要です

どういった観点でPを立てるか。

Pとは計画とどういった勉強でどういった成長を期待しているかまで落とし込めるとよいです

そして、Cのところで、どういった指標で客観的に判断できるように工夫するか

PDCAの観点で、PDCAがうまく回るとやる気と成果もセットであがるのではないでしょうか?

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}