とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

小さい頃に言われたことは呪いとなって降りかかる

名古屋は40℃近くある日が普通になってきました。

子供の熱中症対策は注意を払っていますが、自分の熱中症対策は何もしていないので、

そのうちだめかもしれませんの。

自分の高校時代は35,6度ある年もあったので、勉強とかそんなレベルじゃない常に下敷きうちわでねばっていた気がします。

中学のときの話です。暑い日の部活で水は休憩まで飲むなとかそんな世界で練習をして今したが、倒れるような人は誰もいなかったが、倒れてもおかしくはなかったですね

空気を読まず水を飲んだり、部活は30度超えたら休みとかしたほうが賢いと思うよ

まさにこれだよね

f:id:monokuma12:20180724060119p:plain

 

30度超えたら熱中症かかる危険性あるのであれば、
 ・30度超えたら祭りは中止
 ・30度超えたらドーム球場で全国大会

とかやればいいと思うよ。

さいころの常識で思考停止が一番危険で
今ある情報の中選択肢を判断していくことが重要だなと常々思います。

 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

 

 この本でも読んで思考力をとりもどそう

というお話。

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}