とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

TOEICテスト新形式精選模試リスニングレビュー

本日はTOEICテスト新形式精選模試リスニングレビューしたいと思います。

 

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

 

 

①その本を読むきっかけや動機

リーディング編でも書きましたが、予備校のものだということで買ってしまいました。

www.essence.co.jp

②この本のよいところ

①質

この最新問題を聞きつつ精選模試リスニングをやっていました。
話す人の差はあるのですが、言い換えなど本番の難易度にとても近いです。
そのあたりの質はリーディング同等ですよね。一度公開テストの問題も見つつやるとよいです。本番に近いものをこなすのが一番TOEIC慣れできますし、公開試験を5千円払うよりはこのあたりの問題を買ったうえでチャレンジしたほうがよいですよね。

amazonレビューではチッとか変な音が入ると不評ですが、あまり気にはなりませんでした。

 

①使い方

使い方としては、一通り解くのもよいですが、自分としてはPart2をTEST1~5までくりぬいて、1.2倍速で訓練してます。

言い換え表現や距離のある問などが含まれているので本当は25X5をランダムにするとよい感じの練習ができると思います。 
CDの音声がMP3方式なので、一度PCに入れて吸い出すといったことが必要とレビューにあったと思いますが、くりぬいて使っているのであまりそのあたりの不評は気にならず。

 

③この本の悪いところ

①換算点数

毎日1模試ずつやったのですが、本番に近い点数というよりは少し低めにでました。
難しいんだけど換算点は厳しめかなぁと感じます。

④トータルで買いかどうか

解説と本番に近い難易度ということで買いですが、現状既出問題集が出ているので、本番に近いという意味ではもう既出問題集のほうが上ですね

 特にリスニングはそれほど難易度の高い文章は出ないので、解説なくても何とかなります。まずは既出問題集をやってから、物足りない場合に買いましょう。

 

⑤まとめ

今は何より先に既出問題集をやるべし。
解説が必要なTOEIC慣れしていない方は入り口として買うのはありかなと思います。

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}