とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

理系だから国語は不要

こんなこと思う人結構多いです。

国語苦手。自分も昔からそうだった。

blog.tinect.jp

blog.tinect.jp

問題文を読んだときに

 ・どんなことか覚えている

 ・意味が理解できる

長文を読んだときに覚えているは想定外でした。
なぜ重要性に気付いたかというと

仕事でプログラムのロジックや、何かのプレゼンなど人に何かを説明する場合
自分で長い文章を発することや、上司から長い文章を聞く場面って案外多い

やっかいなのが

 ・話したほうは伝わっている気になっている

実際は伝わっているとは限らないということと、自分だけ理解できていないこともあるということ。

仕事ができるっていう人は国語力高いのかなと最近感じてます。

だって

 ・相手の言うことを理解して

 ・自分が伝えたいことを伝えることができる

簡単に書いてますが、これが難しい。

読解力ってどうやったらつくんだろうという謎は残ったままです。

一つ言えることは、国語力ってとても重要。理解だからわからないと思考停止しているのはもったいない。

進んで学んで伸ばすべき力

 

 

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}