とある組み込みエンジニアひとりごと

朝活を通じて得たものを紹介していきます

python入門書

最近pythonばかりやってます。python歴が3か月くらいになり、毎日やっただけあって、多少調べずに書けるようになってきました。

でも基礎など何も知らんままやっている状態。

入力、出力からクラスの作成などなどようわかってないまま作っていました。

作る→わからん→調べる→時間切れ

こんな朝活の毎日

このループを変えるために基礎を大量にinputしようと以下の本を購入

 

入門 Python 3

入門 Python 3

 

鈍器のような厚さしてますが、内容は基本的なところは書いてあるので、

動かし方でわからない部分はなさそうです。

次の欲求はきれいに書きたい
となるわけですが、きれいに書くための本はまだ見つけておりません。

入門pythonが終わった後実践pythonに移ろうかと思ってます。

 

実践 Python 3

実践 Python 3

 

 

div #breadcrumb div{ display: inline;font-size:13px;}